年が明けて1月に入るといよいよ接ぎ木シーズンの到来です。
最初は針葉樹から始まって、落葉樹、常緑樹と移っていって4月頃まで続きます。
毎年12月中に翌年の接ぎ木計画を考えて、どの品種を何本接ぐか検討して、台木調達の準備を始めます。とても楽しい一時です♪

因みに今年は以下の品種を接ぎました。

●針葉樹(マツ類のみ)
・ジャノメアカマツ
・シダレアカマツ
・クロマツ‘紅孔雀’
・シラガクロマツ
・オウゴンクロマツ、など

●落葉広葉樹
・シダレハナミズキ
・シダレヤマボウシ
・シダレガキ
・ヤマボウシ‘ウルフアイ’
・フイリミズキ
・ハゴロモガシワ
・オウゴンカシワ
・イギリスナラ‘コンコルディア’
・モクレン‘バタフライ’、‘ゴールドスター’、など

●常緑広葉樹
・ミヤマガンショウ、‘白嶺’
・フイリヒメユズリハ
・スダジイ‘神代イエローセンターズ’
・ヤマモモ‘瑞光’
・オウゴンモチ、など

この中のいくつかはよく成長していて、来春から販売していきます。