冬のこの時期でも冬草は青々としていて、また落ち葉も溜まってくるので、これらを除去する作業が必要になります。
この作業をする時に、ポットを入れたトレーを移動すると、そのトレーの下やトレーとトレーの間に溜まった落ち葉の下で、冬眠しているアマガエルをよく見つけます。
そのため、この時期にトレーを動かす時は、引きずって冬眠中のアマガエルを傷つけないように、トレーは真上に持ち上げるようにしています。
そして、出てきた冬眠中のアマガエルをそのまま放置してしまうと、モズやイタチの餌になってしまうのでハウスの中に移してあげます。
アマガエルは害虫を食べてくれる強力な味方なので、とても大事にしています。
こんなことをずっと続けてきたので、圃場内のアマガエルの生息密度はとても高いです!
それを狙ってヤマカガシが頻繁に出没するのが玉に瑕ですが…
冬眠中のアマガエル冬眠中のアマガエル