ここ3,4年、全く姿を見ていなかった上に被害がなかったので、いなくなったとばかり思っていたら、やっぱり潜んでいました! 野ウサギが!!
野ウサギは冬の間、圃場や植木畑にやってきて、夜、植木の枝をかじります。
昨年接ぎ木して大事に育てていたハゴロモガシワとフイリミズキ、シダレハナミズキ、シダレヤマボウシ、ヤマボウシ‘ウルフアイ’が被害に遭いました。一緒に置いてあったシダレガキは大丈夫でした。
野ウサギの食害野ウサギの食害野ウサギの食害野ウサギの食害野ウサギは、ミズキ科の樹木が好きなようで、フイリミズキとシダレハナミズキ、シダレヤマボウシの被害は甚大です。
数少ないハゴロモガシワがやられたのも痛いです。(泣)
ずっと被害がなかったので、油断してこれらの大事な苗を人家から一番離れた場所に置いていたのが間違いでした。
そこは、コンクリートで固められていない草土手の用水路と田んぼと接した場所です。
きっとここに生息しているのだと思います。
早速、これらの苗木を人家と道路に近い場所に移動しました。
そして、ちょうど燻炭を焼いてモミ酢がたくさんできていたので、それを撒いてみました。
モミ酢はもみ殻を焼いて燻炭を作る時に採取できる木酢液のようなものです。
木酢液の臭いは“動物に山火事を連想させるので嫌がる”と聞いたことがあったので、試しにモミ酢を撒いてみました。
効果があるといいのですが…
野ウサギの生息環境野ウサギの足跡・野ウサギが潜んでいると思われる草土手の用水路と広がる田んぼと野ウサギの足跡