いよいよ梅雨が迫ってきてアジサイの季節がやってきました!
アジサイの仲間は品種改良が盛んで、海外からもたくさんの品種が輸入されていますが、元々アジサイやヤマアジサイは日本特産の植物です。
輸入されているアジサイの仲間は「ハイドランジア」(西洋アジサイ)と呼ばれていますが、元を辿れば日本のアジサイ、ヤマアジサイ、エゾアジサイを交配して作られたものなのです。

圃場では今、シキザキヒメアジサイ(詳しくはこちら)が咲き始め、ヤマアジサイの仲間もチラホラ開花してきました。
ヤマアジサイは枝が細く繊細な雰囲気を持っていますが、少し気難しく育てにくい面があります。
そんな中、繊細さにやや欠けるものの、丈夫で育てやすく、葉も花も綺麗でお薦めなのが、‘プレジオサ’(Hydrangea serrata‘Preziosa’)という品種です。
ヤマアジサイ‘プレジオサ’ヨーロッパに渡ったヤマアジサイの実生からの作出といわれていますが、真相は不明のようです。
花は手まり型で、花色は咲き始めのクリーム色から薄紫~赤紫へと少しずつ変化していきます。
イメージとしては、アジサイとヤマアジサイの中間的な感じがします。
とても育てやすいので、在来のヤマアジサイは難しそう、と二の足を踏んでいる方は是非この品種から始めてみてはいかがでしょうか。
ヤマアジサイ‘プレジオサ’花が咲き始めてから時間の経過とともに花色が変化し、花が大きくなっていきます!
ヤマアジサイ‘プレジオサ’
ヤマアジサイ‘プレジオサ’