紅花木蓮(Manglietia insignis)が咲きました!
何とも品のある素敵な花です!!
まさに木に咲く蓮(ハス)の花です!
(モクレンの中国名は「木蘭」、こちらが本当の「木蓮」です!)
紅花木蓮(Manglietia insignis)紅花木蓮(Manglietia insignis)種小名の「insignis」が、「著名な、抜群の、秀でた」という意味であることが頷けます。
Manglietiaは、モクレンモドキ属でマグノリア(モクレン)の仲間ですが、日本にはこの属の自生種がないので、聞いたことがないという人が多いのではないかと思います。
紅花木蓮は、中国の湖南省付近に自生する常緑性の小~中高木です。
葉も綺麗なので、花のない時期でも観葉植物として十分に楽しめます。
紅花木蓮(Manglietia insignis)耐寒性も高く、冬期マイナス5℃まで冷えるつくば市内で露地栽培しているのですが、全く問題なく生育しています。
鉢植えで狭い場所でも育てることができるので、これから人気が高まって欲しいと魅力をアピールしているところです。
今年少し繁殖しましたが、これから毎年コンスタントに生産してくつもりです。
紅花木蓮(Manglietia insignis)紅花木蓮(Manglietia insignis)

紅花木蓮(Manglietia insignis)・今年接いだ苗

参考:
「NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 マグノリア」中村隆之/船越亮二著 日本放送出版協会
「植物学名大辞典」万谷幸男編 植物学名大辞典刊行会