5月末からトゲナシテリハノイバラ(Rosa wichuraiana Crep.f.ohwii Oishi)とベニバナテリハノイバラ(f.rosiflora)の花が次々に咲いています。
とても良い香りです!

トゲナシテリハノイバラは、以前のブログでも書きましたが、静岡県浜松市内の浜名湖畔で偶然見いだした個体から挿し木繁殖したものです。
棘が無いのでとても扱いやすい品種です。トゲナシテリハノイバラ トゲナシテリハノイバラ

一方、ベニバナテリハノイバラは、茨城県ひたちなか市の砂丘に自生しているものから挿し木繁殖したものです。
ベニバナテリハノイバラと呼べる個体はたくさんありますが、花の紅色の濃淡に個体差があるので、特に紅色の濃いものを選抜して繁殖しました。
こちらは棘がありますが、花の外側がピンクに色付いてとても綺麗です。ベニバナテリハノイバラ ベニバナテリハノイバラ ベニバナテリハノイバラ

これらテリハノイバラ類は、病虫害の心配もほとんどなく元気に育ってくれます。
茎も良く伸びて、斜面を登らせることも下らせることもできる、とても優秀なグランドカバープランツです。
日当たりを好むので、強い日射しを受ける場所のグランドカバーに最適です!

※関連ブログ:「トゲナシテリハノイバラ満開!」、「トゲナシテリハノイバラの果実