我が社特製のオリジナル接ぎ木ナイフを作っていただく「ナイフ製作工房」を表敬訪問してきました!
仕上げの細かな点を確認して、製作に取り掛かっていただくこととなりました。
専門のナイフ製作工房だけあって、研磨機など専用の機械類は設置されているものの、接ぎ木ナイフ作りの大半の工程は手作業となるため、1本仕上げるのに丸三日は要すとのことです。
ナイフ製作工房・製作工房内全景

ナイフ製作工房・平らに研磨する機械

ナイフ製作工房 ・刃を研ぎ出す機械ナイフ製作工房

本業のカスタムナイフ製作の合間を縫って、年間20本限定で作っていただきます。
製作者の作ってみての感想は、“とにかく素材が硬い。よく切れる!”とのことでした。
ナイフ製作工房・製作途中のナイフ類

素材として使用しているマシンソーの刃は、それを取り付ける機械自体が日本になくなってきているので、近い将来入手困難になるだろう、とのことでした。
このマシンソーの刃は上下稼働式の機械で使用するのですが、ほとんどの機械が回転式に替わってきているからだそうです。
ナイフ製作工房・製作途中の接ぎ木ナイフと素材のマシンソーの刃(中央水色のもの)

来月(2016/12)から予約受付を開始いたします。
詳細は「お知らせ」で告知させていただきますので、今少しお待ち下さい。

※関連ブログ、お知らせ:
特製 接ぎ木ナイフの販売予告!」(お知らせ)
接ぎ木ナイフ
手作り接ぎ木ナイフ納品!
手作り接ぎ木ナイフ納品!その2
プロの道具:接ぎ木ナイフ