先日(2018/07/25)、「ちば花と緑の会」が主催する「花と緑の生産者紹介2018夏inちば」に出展させていただきました!
昨年の秋に引き続いてお誘いいただき、2回目の出展となりました。
生産している植物をたくさんの人達に紹介できる絶好の機会です。
特に、弊社の生産植物は変わっている品種が多く、知っていただくことが大きな課題なので、このような機会はとても有り難いです。
その課題解決のために、2年前から市場主催の展示会(トレードフェア)等に出展させていただくようになりましたが、最初のうちは来場者に素通りされることも多く、あまり興味を持っていただけていないように感じていたのですが、今回は立ち止まって説明を聞いて下さる方がとても多く、かなりの手応えを感じることができました!
展示商談会「花と緑の生産者紹介2018夏inちば」 展示商談会「花と緑の生産者紹介2018夏inちば」因みに、今回の出展植物は以下の15種です。

・プンゲンストウヒ‘ホプシー’
・プンゲンストウヒ‘グラウカ グロボーサ’
・ジャノメアカマツ
・シラガクロマツ
・オウゴンクロマツ
・シラガクロマツ
・クロマツ‘寿’
・タイサンボク‘リトル ジェム’
・フイリヒメユズリハ
・オウゴンホリー
・ハゴロモガシワ
・フイリミズキ
・ネグンドカエデ‘フラミンゴ’
・ネムノキ‘サマー チョコレート’
・シダレネムノキ

このうち特に人気が高かったのはシラガクロマツとジャノメアカマツ、そしてプンゲンストウヒ‘グラウカ グロボーサ’の3種の針葉樹でした。
シラガクロマツは初めて見る人も多く、その美しさに感動していただけました!
また、フイリヒメユズリハも相変わらず根強い人気がありました。

継続して魅力をアピールをしていくことの重要性を再認識できた展示商談会となりました。

※関連ブログ:展示商談会「花と緑の生産者紹介2017秋inちば」に出展!