株式会社 矢澤ナーセリー : 斑入り、カラーリーフ、枝垂れ、矮性、立性などの園芸品種や里山に自生する在来種を実生、挿し木、接ぎ木によって自家繁殖しています。
Blog(ブログ)

生物情報

アオスジアゲハの産卵

アオスジアゲハがハウスの中にやってきて、寄せ植えしてあるシロダモに産卵していきました。 この蝶の幼虫の食草は、クスノキ科の植物でクスノキ、タブノキ、シロダモ、ヤブニッケイです。 ・シロダモに産卵しているアオスジアゲハ 時 …

アオスジアゲハ

ニイニイゼミ

今日(2016/7/1)ニイニイゼミを見ました! 近年激減しているようで(※)、滅多にお目に掛かることができません。 私が子供の頃(40年以上前)は、初夏になるとニイニイゼミが鳴いて夏の訪れを感じ、盛夏の間はアブラゼミが …

ニイニイゼミ

アキアカネ飛来!

今年は夏前にたくさんのアキアカネが飛んでいるのを見掛けます。 例年より多いように思います。 梅雨が明けて高温になる頃には高標高地へ移動して、秋になると再び戻ってきます。(※) 今日(2016/6/29)は曇り空で、時々雨 …

アキアカネ

タマムシとエノキ

今年初めてタマムシを見ました!(2016/6/24) 毎年2,3回遭遇します。 めっきり少なくなってしまったので、会う度に“よくぞ生き延びてくれている”と嬉しくなります。 タマムシのきれいな鞘翅は、死んでも色が変わらない …

タマムシ

野生クサガメ出現!:2016

今年も圃場と隣接する田んぼに、野生のクサガメが出現しました! 甲羅の大きさが3㎝程度の小さな子ガメです。 毎年、野生のクサガメに遭遇する度に、“よくぞ生き延びてくれている!”と嬉しくなります。 以前のブログでも書きました …

クサガメ

冬眠から目覚めたトウキョウダルマガエル

アマガエルは3月中に冬眠から目覚めて動き出していましたが、トウキョウダルマガエルは4月に入っても見掛けることはありませんでした。 ところ今日(4/12)、やっと姿を見ることができました。 パートさんが落ち葉だまりを掃除し …

トウキョウダルマガエル

ヒヨドリの食害

モクレン科の植物は病害虫の被害がほとんどなく、とても育てやすい魅力的な花木類ですが、唯一の難点は花や蕾がヒヨドリの食害を受けることです。 ハウス内で咲き始めた深山含笑(ミヤマガンショウ)がヒヨドリに見つかってしまい、頻繁 …

ヒヨドリの食害(ミヤマガンショウ)

モズのはやにえ

毎年9月になるとモズが山から下りてきて縄張りを宣言する「高鳴き」をします。 私はこのモズの高鳴きを聞いて秋の訪れを感じます。 モズは9月に山から下りてきて、年が明けて2月頃まで里で暮らします。 山から下りてきたばかりの頃 …

モズのはやにえ(オケラ)

冬眠中のアマガエル:2016

冬の大切な仕事の一つに落ち葉掃除があります。 ポットやトレーの間に溜まった落ち葉を除去するのです。 そのまま落ち葉を放置しておくと、害虫の越冬場所になったり、病原菌の温床になってしまって、春以降の病害虫の発生に大きく影響 …

冬眠中のアマガエル

ハラビロカマキリのハンティング

圃場では、カマキリの仲間はオオカマキリとハラビロカマキリの2種を見掛けます。 生息密度はオオカマキリの方が圧倒的に高いのですが、ハラビロカマキリも時々見掛けます。 主な生息環境は、オオカマキリは草地でハラビロカマキリは樹 …

ハラビロカマキリ
« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社 矢澤ナーセリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.