株式会社 矢澤ナーセリー : 斑入り、カラーリーフ、枝垂れ、矮性、立性などの園芸品種や里山に自生する在来種を実生、挿し木、接ぎ木によって自家繁殖しています。
Blog(ブログ)

植物情報

フイリミズキ(斑入りミズキ)の新葉

フイリミズキ(Cornus controversa‘Variegata’)が新しい葉を展開してきました。 最初は斑の部分が黄色味を帯びたクリーム色ですが、徐々に白く変化していきます。 この時期はとても綺麗です …

フイリミズキ

オウゴンカシワ

オウゴンカシワ(Quercus aliena‘Lutea’)は、主に西日本に多く自生するナラガシワの黄金葉の品種で、その原木は大分県の山中にあると言われています(引用:「新しい樹種の剪定と育て方」小学館)。 この木は春の …

オウゴンカシワ

イペーの花

3月末からハウス内でイペー(Tabebuia chrysotricha)が黄色い大きな花を咲かせています。 南米原産の落葉高木で、別名「コガネノウゼン」や「キバナノウゼン」とも呼ばれ、英名は「ゴールデン・トランペット・ツ …

イペー

ミケリア‘オールスパイス’

3月の後半からミケリア‘オールスパイス’(MIchelia×joggii‘Allspice’)が、ハウス内で香りの良い白い花を咲かせています。 この花は蕾が特徴的で、綺麗なビロードに包まれたようで、とても可愛らしいです。 …

ミケリア‘オールスパイス’(Michlia×joggii‘Allspice’)

今年(2015)接いだイギリスナラ‘アルゲンテオマルギナータ’と‘コンコルディア’

今年接いだイギリスナラ(Quercus robur)の‘アルゲンテオマルギナータ(Argenteomarginata)’と‘コンコルディア(Concordia)’が、新しい葉を展開してきました! 接ぎ木した芽が、チクチク …

イギリスナラ‘アルゲンテオマルギナータ’

深山含笑(ミヤマガンショウ)‘白嶺’

深山含笑‘白嶺’(Michelia maudiae‘Hakurei’)は、90年代に中国の山中で柴道昭氏によって見いだされた花弁が丸く大輪の突然変異種です。 また、花弁の数は通常は9枚ですが、この品種には12枚の花が混じ …

ミヤマガンショウ‘白嶺’

ツクバネウツギ

一昨年挿し木繁殖したツクバネウツギ(Abelia spathulata)が開花しました! 本州、四国、九州の丘陵地や山地の林内や林縁に普通に見られる日本に自生するアベリアです。 「アベリア」というと公園の生け垣や道路の植 …

ツクバネウツギ

超珍品!!コブシモドキ(ハイコブシ)!

1948年に徳島県相生町で1株だけ発見されて、その後再発見されることはなく、すでに野生絶滅状態にあるコブシモドキ(Magnolia pseudokobus)の花を撮影してきました!! 発見された時、原木は低木状で株から伸 …

コブシモドキ(ハイコブシ)

シデコブシ‘ロイヤルスター’満開!

シデコブシ‘ロイヤルスター’(Magnolia stellata‘Royal Star’)が満開です! シデコブシは愛知県、岐阜県、三重県の一部の限られた地域に分布する日本の固有種で、ロイヤルスターは、その中から選抜され …

シデコブシ‘ロイヤルスター’

五色ケヤキ(斑入りケヤキ)

今年はケヤキの古木の後継樹繁殖の依頼をいただいたので、その接ぎ木用台木を調達する際に少し多めに入手して、久しぶりに五色ケヤキ(斑入りケヤキ:Zelkova serrata‘Variegata’)を接いでみました。 ピンク …

五色ケヤキ(斑入りケヤキ)
« 1 28 29 30 32 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社 矢澤ナーセリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.