株式会社 矢澤ナーセリー : 斑入り、カラーリーフ、枝垂れ、矮性、立性などの園芸品種や里山に自生する在来種を実生、挿し木、接ぎ木によって自家繁殖しています。
Blog(ブログ)

生産情報

トキワナルコユリ

都会のビルの北側など、一日中まったく陽の当たらない場所があります。 そのような日陰で元気に生育できる植物は限られています。 トキワナルコユリは、そんな場所でも平気で育つ数少ない「極陰植物」の一つです。 トキワナルコユリは …

トキワナルコユリ

ウグイスカグラ開花!

ハウスの中でウグイスカグラ(Lonicera gracilipes var.glabra)の花が咲きました! 雑木林に自生する樹木の一つで、普通、花の盛りは4月上旬ですが、図鑑にも「しばしば12月から開花する」とあるので …

ウグイスカグラの花

オカメザクラ

1月中旬を過ぎると沖縄からサクラの開花情報が届くようになります。 沖縄のサクラはカンヒザクラ(寒緋桜。ヒカンザクラともいう)といって、中国南部を中心に台湾やベトナムなどの暖かい地域に分布する種で、沖縄県石垣島にも自生して …

オカメザクラ

フイリミズキ(斑入りミズキ)

日本で作られて海外に広がった人気の園芸品種の一つにフイリミズキ(Cornus controversa‘Variegata’)があります。 欧米の植物園や植栽に力を入れた公園などでは、必ずと言っていいほど植えら …

フイリミズキ

研修とお手伝い-その1

久しぶりに師匠のところへ勉強とお手伝いを兼ねて出掛けてきました。 師匠は安行の老舗の植木屋で、日本を代表する植木生産者の一人です。海外でも有名です。 植木に関する造詣はずば抜けて深く、集まってくる情報の量と質も桁違いです …

接ぎ木作業

樹木のタネ播き

毎年たくさんの樹木のタネを播きます。 樹木のタネを上手に発芽させるコツは、乾燥させないことです。 乾かしてしまうと発芽しなくなってしまうものがほとんどです。 逆に、草のタネは乾燥させないとカビて腐ってしまうので、乾かして …

ドングリ(コナラ、シラカシ、スダジイ)

マツの接ぎ木:腹接ぎ

マツの園芸品種は全て接ぎ木で繁殖しています。 マツをはじめとする針葉樹は、枝に葉がなくなるとその枝は枯れてしまいます。 そのため、針葉樹の接ぎ木は、広葉樹のように幹を切り飛ばして枝だけにする(切り接ぎ)ということはせず、 …

接ぎ木(腹接ぎ)

マツの園芸品種

マツの園芸品種といっても、マツ科マツ属のアカマツ、クロマツ、ゴウヨウマツの品種だけで300種以上あるそうです。 盆栽愛好家を中心に、実生変異や枝変わりなどの突然変異などによって変化したものを、先人達が見い出して園芸品種の …

クロマツ‘紅孔雀’

接ぎ木計画

年が明けて1月に入るといよいよ接ぎ木シーズンの到来です。 最初は針葉樹から始まって、落葉樹、常緑樹と移っていって4月頃まで続きます。 毎年12月中に翌年の接ぎ木計画を考えて、どの品種を何本接ぐか検討して、台木調達の準備を …

接ぎ木(切り接ぎ)

オウゴンホリー(Ilex‘Whoa Nellie’)

園芸品種のギャラリーの写真で「オウゴンヒイラギ」と紹介しましたが、正式にはホリーの仲間(モチノキ科)で、アメリカで品種改良されたIlex‘Nellie R. Stevens’の突然変異の黄金葉の品種です。(注 …

オウゴンホリー(Ilex‘Whoa Nellie’)
« 1 23 24 25
PAGETOP
Copyright © 株式会社 矢澤ナーセリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.