株式会社 矢澤ナーセリー : 斑入り、カラーリーフ、枝垂れ、矮性、立性などの園芸品種や里山に自生する在来種を実生、挿し木、接ぎ木によって自家繁殖しています。
Blog(ブログ)

販売情報

イギリスナラ‘コンコルディア’

カラーリーフの色は、乳白色や黄色、紫色、銀青色など多彩ですが、なんと言っても代表色は「黄色」と「紫色」だと思います。 イギリスナラ‘コンコルディア’(Quercus robur‘Concordia’)は、その黄色い葉の樹 …

イギリスナラ‘コンコルディア’

オカメザクラ

1月中旬を過ぎると沖縄からサクラの開花情報が届くようになります。 沖縄のサクラはカンヒザクラ(寒緋桜。ヒカンザクラともいう)といって、中国南部を中心に台湾やベトナムなどの暖かい地域に分布する種で、沖縄県石垣島にも自生して …

オカメザクラ

フイリミズキ(斑入りミズキ)

日本で作られて海外に広がった人気の園芸品種の一つにフイリミズキ(Cornus controversa‘Variegata’)があります。 欧米の植物園や植栽に力を入れた公園などでは、必ずと言っていいほど植えら …

フイリミズキ

四季咲きヒメアジサイ(シキザキヒメアジサイ)

四季咲きヒメアジサイ(Hydrangea serrata ssp.yezoensis f.cuspidata ‘Shikizakihime’)は、6月から咲き始めて12月に霜が降りるまでポツポツと …

シキザキヒメアジサイ

マツの園芸品種

マツの園芸品種といっても、マツ科マツ属のアカマツ、クロマツ、ゴウヨウマツの品種だけで300種以上あるそうです。 盆栽愛好家を中心に、実生変異や枝変わりなどの突然変異などによって変化したものを、先人達が見い出して園芸品種の …

クロマツ‘紅孔雀’

接ぎ木計画

年が明けて1月に入るといよいよ接ぎ木シーズンの到来です。 最初は針葉樹から始まって、落葉樹、常緑樹と移っていって4月頃まで続きます。 毎年12月中に翌年の接ぎ木計画を考えて、どの品種を何本接ぐか検討して、台木調達の準備を …

接ぎ木(切り接ぎ)

オウゴンホリー(Ilex‘Whoa Nellie’)

園芸品種のギャラリーの写真で「オウゴンヒイラギ」と紹介しましたが、正式にはホリーの仲間(モチノキ科)で、アメリカで品種改良されたIlex‘Nellie R. Stevens’の突然変異の黄金葉の品種です。(注 …

オウゴンホリー(Ilex‘Whoa Nellie’)
« 1 13 14 15
PAGETOP
Copyright © 株式会社 矢澤ナーセリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.