2年前に大きなポットに植え替えて樹形再生中のプンゲンストウヒ(コロラドトウヒ)‘ホプシー’(Picea pungens‘Hoopsii’)が元気になって綺麗な新葉を展開しました!
この銀青色の新葉に魅了されてみなさん‘ホプシー’のファンになります!
プンゲンストウヒ‘ホプシー’ プンゲンストウヒ‘ホプシー’ プンゲンストウヒ‘ホプシー’植え替えをしなければいけない時に、別の仕事が忙しくてタイミングを失ってしまい、樹勢が弱まり樹形も乱れてしまったのですが、元気を取り戻してきたようです。
樹形が再生されるまであと3~4年はかかるのではないかと思いますが、確実に良くなってきています。
根気よく管理してしっかり再生させてあげたいと思います。
因みに、弊社のプンゲンストウヒの品種は全て自家生産(私が接ぎ木しています)で、ホプシーの他に‘ファット アルバート(Fat Albert)’、‘ファスティギアータ(Fastigiata)’、‘グラウカ グロボーサ(Glauca Globosa)’などを育てています。
プンゲンストウヒ‘ファスティギアータ’・‘ファスティギアータ(Fastigiata)’

※関連ブログ:
プンゲンストウヒ(コロラドトウヒ)‘ホプシー’の接ぎ木
プンゲンストウヒ(コロラドトウヒ)‘グラウカ グロボーサ’