ここ数年、イギリスナラ(Quercus robur)の品種は、‘コンコルディア(Concordia)’と‘アルゲンテオマルギナータ(Argenteomarginata)’の2種しか繁殖していなかったのですが、一昨年ウェブサイトを公開してから、紫葉(銅葉)の品種‘アトロプルプレア(Atropurpurea)’についてのお問い合わせを何件もいただきました。
イギリスナラ‘アトロプルプレア’この品種は、春の紫色の新葉がとても綺麗で、“この葉が好き!”という声をよく耳にします。
ところが、強い日射しを受けると葉が傷んでしまって、あまり生長してくれません。
樹勢が弱い木のようなので、親木1本を残して、繁殖を中断していました。
しかしながら、根強い人気があって、リクエストをたくさんいただくので、今年から生産を再開することにしました。
イギリスナラ‘アトロプルプレア’ イギリスナラ‘アトロプルプレア’残していた親木からは10本程度しか接げませんでしたが、これを新たな親木として育てて、来年以降量産したいと思います。
また、台木を共台のイギリスナラにすると樹勢が強まりそうだ、との情報(未検証)も得ているので、平行してイギリスナラの台木の育成も進めていきます。
樹勢の強いアトロプルプレアの育成を目指して力を入れますので、ご期待下さい!