昨年(2017)の9月に、もしかしたら一才性の深山含笑(Michelia maudiae)かもしれない!?とブログ(こちら)で紹介した個体ですが、その後、別に分けて大きなポットに植え替えて育てています。
他の実生個体が3年目で全く花を付けない中、唯一3年目の春と夏に2回咲いて、4年目の春にも再び開花しています!
ミヤマガンショウ(一才性) ミヤマガンショウ(一才性)早く大きく育てようと大きなポットに植え替えたのに、あまり上長生長せず、伸びは固く花ばかり咲かせています。
ほぼ間違いなく一才性の性質を持っていると思われます。
穂木を採取できるような枝を伸ばしていないので、今年は接ぎ木できませんが、来年あたりから繁殖に取り組みたいと思って期待が高まっています!
まだ確定できませんが、近い将来、矮性(dwarf type)の深山含笑を世に送り出せる日が来るかもしれません!
ミヤマガンショウ(一才性)※関連ブログ:「一才性の深山含笑(ミヤマガンショウ)出現か!?