昨日(2018/02/21)(株)東京砧花き園芸市場で開催された春の展示商談会(Trade Fair)に出展してきました!
秋に続いて2回目の出展です。
前回よりも出展社数も増え、また来場者数も大幅に増加したようで、関係者の話によると“過去20回の開催の中で最も盛況になった”そうです。
軽く2mを超すような大きな観葉植物や品種ものの庭木などもバンバン売れているようで驚きました!
弊社では常緑樹を中心にしながら、樹形に特徴のある落葉樹の枝垂れ品種や枝の色の綺麗な品種などを出展させていただきました。
砧花き展示商談会今回の一番人気はフイリヒメユズリハ(Daphniphyllum teijsmannii Yellow white-margined)で、在庫分も含めてほぼ完売状態となり、オガタマノキの仲間のミケリア‘オールスパイス’(MIchelia×joggii‘Allspice’)もなかなかの人気でした。
フイリヒメユズリハ(砧花き展示商談会)他にはアオキ(Aucuba japonica)の‘駿河弁天’と‘ロザニー’なども注目され、改めてアオキの人気が高まってきていることを再確認できました。
アオキ‘ロザニー’(砧花き展示商談会)また冬の黄色い枝が綺麗なエンジュ‘ゴールド・スタンダード’(Sophora japonica‘Gold Standard’)も健闘していました!
エンジュ‘ゴールド・スタンダード’(砧花き展示商談会)毎回感じることですが、展示会に出展させていただくことによって、エンドユーザーのニーズを知ることができますし、他の生産者の商品を見て勉強にもなります。
とてもよい刺激をいただいた一日となりました!