先日、「研修とお手伝い」で安行(川口市)の師匠のところに行った時、圃場で黄金大王松(オウゴンダイオウショウ:Pinus palustris‘Aurea’)を見ました。
実生の突然変異だそうです。
葉が長くてボリュームがあるのでとても目立ちます。
隣りに緑葉の普通種が並んであると、より一層目立ちます。
黄金ダイオウショウおそらくこの世に1本だけの超珍品だと思います。
繁殖するとしたら、接ぎ木になりますが、幹の太いダイオウショウの接ぎ木は特殊なようです。
いずれにしろ、繁殖するまでには相当時間がかかるでしょうし、一般には流通しないで終わってしまうかもしれません。
こんな木をどんどん繁殖して、広げていきたいものです。
黄金ダイオウショウ