大手造園会社さんから接ぎ木による後継樹繁殖のご依頼をいただきました!
都内のある学校の敷地内に植わっているケヤキの大樹が、工事で伐採されてしまうことになったので、そのケヤキの後継樹を作って工事後に植栽したい、とのことです。
先週末(2/19,20)、気温が上昇するとの天気予報だったので、“暖かくなって芽が動き出す前に、なるべく早く穂木を採取して送って下さい”、とお願いしたところ、入社一年目の担当者が、急いで穂木を採取して圃場まで持ってきて下さいました。
穂木が乾いてしまわないかと心配して、「オアシス」に水をたっぷりと含ませて、そこに挿して、重い思いをして届けてくれました。
後継樹繁殖のための穂木(ケヤキ)台木の到着が遅れていたので、接ぎ木に使えそうな枝を選んで二日間ほど冷蔵保存してから接ぎました。
後継樹繁殖の接ぎ木ケヤキはよく活着するので、まず心配ないと思いますが、後継樹繁殖のご依頼は、お引き受けしたからには失敗は許されません。

※関連ブログ:
後継樹繁殖
後継樹繁殖の依頼!-その1
後継樹繁殖の依頼!-その2
後継樹繁殖のその後
後継樹繁殖の依頼!-その3