ヒマラヤヤマボウシ‘マウンテンムーン’(Cornus capitata‘Mountain Moon’)が、今年も見事な花を咲かせています!
この花の寿命は永いので、6月初旬頃まで楽しめます。
花の大きな個体の選抜種であるマウンテンムーンの花は、存在感があってとても目立ちます。
そして、下の方の枝がたわわに枝垂れてたくさん花を付けるので、木が大きくなっても間近に愛でることができます!
これも大きな魅力です。
ヒマラヤヤマボウシ‘マウンテンムーン’ ヒマラヤヤマボウシ‘マウンテンムーン’ ヒマラヤヤマボウシ‘マウンテンムーン’マウンテンムーンの作出の経緯や命名の由来などについては、以前のブログに詳しくまとめてあるので、是非ご覧下さい!
(貴重な資料をご提供いただいております。とても興味深いです!)

魅力溢れる樹木なのですが、大きくなるので広いスペースが必要です。
公園や余裕のあるオープンスペースなどで伸び伸びと育てると、風格のある素晴らしい樹形になります。
シンボルツリーに最適です!
公園行政の方や造園設計の方々にこの木の魅力を知っていただいて、是非とも活用していただきたいとずっと思っています。
ヒマラヤヤマボウシ‘マウンテンムーン’※関連ブログ:「ヒマラヤヤマボウシ‘マウンテンムーン’」、「ヒマラヤヤマボウシ‘マウンテンムーン’の果実