今日(2016/7/1)ニイニイゼミを見ました!
近年激減しているようで(※)、滅多にお目に掛かることができません。
ニイニイゼミ 私が子供の頃(40年以上前)は、初夏になるとニイニイゼミが鳴いて夏の訪れを感じ、盛夏の間はアブラゼミがうるさいぐらいに鳴き続け、少し秋風を感じるような晩夏になるとツクツクボウシが鳴き出して、セミの鳴き声の変化で夏の季節の移り変わりを感じたものでした。
残念なことに、今ではそんなセミの鳴き声の変化を聞くことも少なくなってしまいました。
ニイニイゼミ ニイニイゼミ※ニイニイゼミは1975年頃から激減したようですが、2008年以降、増加傾向にあるようです。
ニイニイゼミの幼虫は、湿気を含んだ土壌でないと生存することができなくて、乾燥する都市の公園などでは少なかったのですが、幼虫が乾燥した土壌に耐性を持ってきて、都市部で復活してきているとのことです。(Wikipedeiaより)