昨年挿し木繁殖して圃場の片隅で育てていた皇帝ダリア(Dahlia imperialis)が、先日(2016/11/24)の54年ぶりの11月の雪で、無残な姿になってしまいました-!
皇帝ダリア 皇帝ダリア 皇帝ダリア皇帝ダリアは日が短くなると花芽を形成して、11月下旬になってから咲き始めるのですが、この時期に霜に当たったり強い寒さを受けると、花を咲かせることなく枯れてしまいます。
今年はチラホラと咲き始めたところに思いも寄らない11月の降雪で、一発でやられてしまいました。
昨年は11月中に当然のことながら雪など降らず、霜も遅かったので、十分に花を楽しめたのですが…
皇帝ダリア・2015/11/24撮影

皇帝ダリアが咲き始めると、霜が降りませんようにといつも祈っているのですが、今年は霜どころか雪が降ってしまいました。
毎年天候を気にして、ひやひやしながら花を鑑賞していますが、今年は本当に可愛そうなことになってしまいました。
皇帝ダリア・雪にやられて開花することなく枯れてしまった皇帝ダリアの蕾。さぞかし無念かと…

※関連ブログ:「皇帝ダリア