今年はハクサンボクの斑入り品種(Viburnum japonicum‘Fuiri’)が、たくさん実を付けました!
こんなに実ったのは初めてです。
普通種よりも明るい赤色をしています。
ハクサンボク‘斑入り’の果実 ハクサンボク‘斑入り’の果実新しいタイプの斑入りが出てくることを期待して播種します。
ハクサンボクも他のガマズミの仲間と同様、発芽するのは翌々春になりますが、気長に待ちたいと思います。
果肉には発芽抑制物質が含まれているので、果肉を全て除去してから乾かさないうちに播きます。

因みに、以前のブログでも書きましたが、ハクサンボク‘斑入り’は「改訂版 新樹種ガイドブック」(編集/社団法人 日本植木協会)の中で、次ぎのように紹介されています。

“数ある日本産樹木の斑入り品種の中でも、最も美しい品種の一つ。輝きのある斑入葉が特に美しい。”
ハクサンボク‘斑入り’
ハクサンボク‘斑入り’の果実・ハクサンボク‘斑入り’の採取した果実。水にしばらく浸けて腐らせてから果肉を除去します。

今年はこの品種の挿し木繁殖も行って、小さな苗ができました。
近い将来、販売できるようになると思います。

※関連ブログ:「ハクサンボク」、「ハクサンボクの果実