タラヨウ(Ilex latifolia)にイッサイタラヨウ(一才タラヨウ)という矮性品種があります。
普通種に比べて葉が二回りほど小さく、節間も詰まっていて、コンパクトな樹形で生長も遅く、とても育てやすい品種です。
タラヨウは雌雄異株で、雌株にしか実がなりませんが、このイッサイタラヨウは雌木なので、実を付けてくれます。
今、その実が赤く熟して見ごろを迎えています!
イッサイタラヨウ イッサイタラヨウかつてこの木の葉の裏に爪などで文字を書いたことが「葉書」の語源となって、「葉書の木」「手紙の木」とも呼ばれています。
そのため、郵便局の木として定められていて、丸の内にある東京中央郵便局の前にも植栽されています。
また、経文を葉に写したという来歴から寺院境内にもよく植栽されています。
イッサイタラヨウイッサイタラヨウは古くからある品種ですが、作出の来歴等に関する情報は全く見当たらず、詳しいことは分かりませんでした。(正式学名も不明)
繁殖は接ぎ木で行いますが、最近ではほとんど生産されていないため、小さな苗は流通していません。
来年から生産を再開する予定なので、近い将来、可愛い苗をご提供できると思います!