萩(ハギ)の栽培品種に「朱金萩(シュキンハギ)」という黄金葉のものがあります。
芽出しの葉は朱色を帯びていて、後に黄金色に変化するたいへん美しい萩(ハギ)です。
朱金萩(朱金ハギ)原種は何というハギなのか気になったので、植生調査のプロに同定を依頼したところ、ヤマハギ(Lespedeza bicolor var.japonica)ということが分かりました。
また、この品種の来歴情報をご存知だった山口清重氏(ザ・ヤマグチ プランツマンズ ナーセリー)からも“ヤマハギで間違いない”とのお墨付きをいただき、10年ほど前に長野県内で発見されたものだ、ということも分かりました。
コンパクトな樹形で育てやすく、日当たりのよい場所だと春から秋まで綺麗な黄金色が維持できる魅力的なハギです!
在来種のカラーリーフプランツとしてとてもお薦めです!
朱金萩(朱金ハギ) 朱金萩(朱金ハギ) 朱金萩(朱金ハギ)朱金萩(朱金ハギ)充実株の育成に取り掛かりました!