株式会社 矢澤ナーセリー : 斑入り、カラーリーフ、枝垂れ、矮性、立性などの園芸品種や里山に自生する在来種を実生、挿し木、接ぎ木によって自家繁殖しています。
Blog(ブログ)

生産情報

対馬産ヒトツバタゴ

茨城県内の知り合いの植木生産者さんから“対馬産ヒトツバタゴが満開!”(Chionanthus retusus)との連絡を受けて、花の撮影に行ってきました。 樹冠いっぱいが花で覆われていて、見事でした! ・2019/05/ …

対馬産ヒトツバタゴ

ユリノキ‘オーレオマルギナータム’

ユリノキの黄覆輪品種‘オーレオマルギナータム’(Liriodendron tulipifera‘Aureomarginatum’)。 春の新葉が鮮やかな斑入りで見事です! ただ残念なことに、斑は次第に薄れてきて綺麗な状態 …

ユリノキ‘オーレオマルギナータム’

ハンカチノキ‘ヒロミ’:2019

今年もハンカチノキ‘ヒロミ’(Davidia involucrata‘Hiromi)’の花の撮影に行ってきました!(2019/05/02) 普通のハンカチノキは、白い総苞片が6~15㎝程度のところ、ヒロミのそれは15~2 …

ハンカチノキ‘ヒロミ’

ユウゼンケヤキ

今、接ぎ木三年目のユウゼンケヤキの新葉がとても綺麗です! 黄色で展開してくる春の新葉はとても見事で鑑賞価値抜群です。(成葉になると緑色になります) ユウゼンケヤキに関しては、ヒアリングを含めてかなりいろいろと調べたのです …

ユウゼンケヤキ

接ぎ木三昧!:2019終了

年が明けてから三ヶ月あまり続けてきた春の接ぎ木作業が終了しました!(4/1に終了) 今年は3つの市場の春の展示会(砧花き、フラワーオークションジャパン、豊明花き)に出展したり、来場者が多かったり(ありがたいことです!)と …

接ぎ木

接ぎ木始まる!2019

少し遅くなりましたが、2019年の接ぎ木がスタートしました。 これから4月までの3ヶ月間、接ぎ木三昧の日々が続きます! 途中、市場の展示会がいくつかありますが、それ以外は接ぎ木作業に専念します。 接ぎ木をしていると、必ず …

2019接ぎ木スタート

チリメンガシ

ウバメガシ(Quercus phillyraeoides)にチリメンガシ(cv.Crispa)という栽培品種があります。 葉の皺が著しく、葉の周囲が内側にそり曲がっている特徴があります。(栽培品種名のcrispaは、「皺 …

チリメンガシ

クロマツ‘紅孔雀’色付く!2018

今年は寒くなるのが例年よりだいぶ遅れているせいか、クロマツ‘紅孔雀’(Pinus thunbergii‘Beni-kujyaku’)がなかなか赤く色づいてくれませんでした。 しかし、12月中旬を過ぎてやっと赤みを帯びてき …

クロマツ‘紅孔雀’

斑入りナギ(フイリナギ)

ナギ(Podocarpus nagi)に斑入りの品種があります。 斑のタイプは何種類かあるようですが、弊社にある品種は白の曙斑(境界がぼやけた斑)で、台湾から導入したものです。 華やかさはありませんが、濃い緑色の葉に入る …

斑入りナギ(フイリナギ)

トラフクロマツ(虎斑黒松)

クロマツ(Pinus thunbergii)にトラフクロマツ(虎斑黒松、cv.Tigrina)という品種があります。 “葉に不規則に黄白色の横斑が虎の皮の模様状にはいったもの”と「松図鑑」(池田書店)に解説されている品種 …

トラフクロマツ
1 2 3 27 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社 矢澤ナーセリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.