ずっと気になっていたシラカシの品種‘白富士’(Quercus myrsinaefolia‘Shirofuji’)の小さな苗を今春1本入手して、採取できる穂木で少しだけ接ぎ木して、その結果を楽しみに様子をみています。(半分以上活着しているようです!)
シラカシ‘白富士’シラカシ‘白富士’‘白富士’はあまり流通していないのでご存知ない方が多いかもしれません。
シラカシの白散り斑品種として紹介されていますが、一番の魅力は、春に新しく展開する葉が綺麗に白くなることです。
普通のシラカシの新葉は赤茶色になるので鑑賞対象にはなりませんが、‘白富士’の新葉は少し離れたところから見るとまるで花が咲いたように綺麗で、とても魅力的です。
シラカシ‘白富士’・左が‘白富士’、右が普通のシラカシの新葉

来歴については分かっていませんが、おそらく関東圏でシラカシの実生の中から選抜されたのだろうということです。
たくさんの人達に‘白富士’の魅力を知っていただき、広がっていくことを願ってやみません。
シラカシ‘白富士’