12月に入ってからクロマツ‘紅孔雀’(Pinus thunbergii‘Beni-kujyaku’)が綺麗に赤く色付いてきました!
この品種は、冬の間だけ斑の部分が赤くなって、とても目立ちます。
その変色するメカニズムは分かりませんが、日陰にある枝の方が赤くなる傾向が強いようです。
クロマツ‘紅孔雀’ クロマツ‘紅孔雀’ クロマツ‘紅孔雀’毎年少しずつ繁殖しています。
人気が高い品種なので、来年(2017年)は大きく育った苗を地植えして親木として育て、たくさん繁殖できる体制を整える予定です!

※関連ブログ:「マツの園芸品種」、「冬に鮮やかに色付くマツの園芸品種