クロマツ(Pinus thunbergii)にトラフクロマツ(虎斑黒松、cv.Tigrina)という品種があります。
“葉に不規則に黄白色の横斑が虎の皮の模様状にはいったもの”と「松図鑑」(池田書店)に解説されている品種です。
葉全体が黄色い味を帯びるオウゴンクロマツ(cv.Aurea)よりも、こちらの斑の方が黄色が濃く、鮮やかな印象を与えてくれます。
トラフクロマツこれまで繁殖用の親木として3本育てていましたが、繁殖は行っていませんでした。
ところが最近になって、見学者の方々から“すごく綺麗!”とか“いい品種ですね!”とお褒めの言葉をたくさんいただくようになって、俄然、生産意欲が沸いてきました!
来年から繁殖に取り組みます!
乞うご期待!
トラフクロマツ トラフクロマツ トラフクロマツ※関連ブログ:「やっぱり綺麗な冬のオウゴンクロマツ