8月末となって暑さのピークを過ぎたところで、常緑樹が次々と新しい葉を展開してきています。
特に斑入り品種の葉が綺麗です!

写真はフイリヒメユズリハ(Daphniphyllum teijsmannii Yellow white-margined)で、数ある斑入り品種の中でもとりわけ魅力的な樹木です。
観葉植物(インテリアプランツ)としても十分鑑賞できる美しさを持っています。
上に伸びるというより、ボリュームをつけながらゆっくり生長してくれるので、とても育てやすいです。
ほとんどメンテナンスフリーでOKです!
フイリヒメユズリハフイリヒメユズリハこの親木は、「斑入り植物集」(広瀬嘉道・横井政人 共著)によると、静岡県伊東市で育っているようです。
繁殖は専ら接ぎ木によるのですが、ちょっと癖があって普通の接ぎ方ではなかなか活着しないので、生産量はあまり多くありません。
秋から少し販売する予定ですので、乞うご期待!
フイリヒメユズリハ・今春接いだ苗木も元気に育っています!