近年イギリスナラ(Quercus robur)の品種は、黄色い葉の‘コンコルディア(Concordia)’と斑入り葉の‘アルゲンテオマルギナータ(Argenteomarginata)’の2種のみを生産していましたが、紫葉(銅葉)の‘アトロプルプレア(Atropurpurea)’のリクエストをたくさんいただくようになったので、昨年からこの品種の繁殖も再開しました。
昨年は圃場に残っていた小さな1本のみからの穂木の採取だったので、10本ほどしか接げませんでした。
ところが、今年は千葉の生産者仲間からたくさんの穂木を譲り受けたので、120本ほど接ぐことができました!
よく活着しているようです!
イギリスナラ‘アトロプルプレア’春の新葉の紫色は特に綺麗です。
この春の葉に魅了されて、ファンになっている人が大勢いらっしゃるようです。
早ければ来年、遅くとも再来年には販売を開始いたします。
乞うご期待!
イギリスナラ‘アトロプルプレア’ イギリスナラ‘アトロプルプレア’※関連ブログ:
イギリスナラ‘アトロプルプレア’
イギリスナラ‘コンコルディア’
イギリスナラ‘アルゲンテオマルギナータ’